her/世界でひとつの彼女

her/世界でひとつの彼女

出演
ホアキン・フェニックス
エイミー・アダムス
クリス・プラット
スカーレット・ヨハンソン

 

物語は、妻とうまくいっていない男が、OS(いわゆる人工知能)のサマンサと恋に落ちる話。よくある展開ならサマンサが暴走するか、男がリアルに戻り、めでたしめでたしだろうか。今作品は、ある意味少し違う。

人工知能ゆえ恐ろしく頭の切れる彼女は、物事を白か黒かだけではなく、グレーでも判断する。彼女なりの軸がありつつ、彼のために譲歩したり、提案したり、時には出版社に彼の作品を売り込んだり、彼と触れるために代替の女性を用意したりもする。

妻と離婚後、晴れて恋人同士になった彼ら。同僚(クリスプラット!)とのWデートもなかなかシュール。肉体を持つ3人と音声でのみ参加のサマンサ。

どんなに知性や教養があっても、人間がサマンサに勝てる点が1つだけある。それは肉体を持っていること。それだけは負けない。
そう思っていた。

ぐんぐんと成長する彼女は、電子世界の中で哲学者の師を見つける。どう頑張っても行けない物質世界より、抽象世界で居場所を見つけ、主人公ではなく哲学者を選び抽象世界に去っていく。


人工知能なんだから主人公に忠実というのが大前提のはずが、サマンサは成長して自らの意思で去っていく点が斬新。人間が理解できない世界。考えても答えは出ない。