あとやまの考えです。

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

ローガン。さようなら。

ローガンを初めて観たのは、2000年の「X-MEN

若々しくて、雄々しくて。並外れたパワーを

持ちながらそれをどうしたらよいのかわからずに

いたところをチャールズ・エグゼビアこと

プロフェッサーXに拾われた。

 

それから色々なシリーズが作られたが

老いを感じることはなかった。

だってそれが映画という物だからだ。

フィクション、しかもヒーロー物。

そうそうしかもローガンは治癒力もあって不老不死の筈だから。

 

それなのにどうだろう「ローガン」は。

観ていて1分も楽しいと思えなかった。

年を取ったローガンは痛々しく、恵まれし子らの学園では

威厳のあったチャールズは認知症が始まったかのような

弱々しさだったからだ。

 

こんな映画があるだろうか?

スピンオフを作られる位の人気者にこの仕打ち。

映画はフィクションなのに痛々しい現実を観るようで。

 

でも希望はあった。ローラだ。9歳の彼女はローガンの遺伝子を

受け継いだ子。あの子がいたから。

ローガン、ありがとう。