あとやまの考えです。

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

インテグレートとか久しぶりに聞いた。

headlines.yahoo.co.jp

動画観たけど、なぜこんな追い詰める強迫みたいなの撮るかね。
真木よう子がCMやっていた時は大人カッコいい印象だった。
ソフトジェリールージュ買ったこともあるし。今回若い人向けにターゲットを
変えたのかな。久しぶりに聞いたブランド名なのに。残念だ。
これじゃ若い女性は、歳を重ねることが憂鬱になるし、25歳以上の女性は
日々「可愛さ」をアップデートしないといけない、ノルマみたい。
これで買いたいと思う?私なら絶対避ける。生き方を押し付けないでほしい。
ただのCMだし、嫌なら見なければいいし気にしなきゃいいが、世間からのメッセージだと感じてしまう。資生堂インテグレート(http://www.shiseido.co.jp/ie/)を観ると、

誰もが持っている、かわいらしさ。若い頃とは違って、これからは自分の力で探してみたい。女性と女子のあいだで揺れ動く3人が、それぞれの“大人のかわいらしさ”を見つけていく物語。合言葉は、「いい女なろう♥」

ということらしいが。しかし助詞の「に」が抜けてるのが気になる。
あ!助詞と女子をかけてる?(違うか)

私はもうこのまま一生一人だろうなと思い始めて、はやく気持ちを切り替えて
これからの人生を生きていく道をさぐっている最中なので女子力関連はもう戦線離脱
の状況。最低限の身だしなみしかしないが。まだまだ若い人たちをこういった動画で
追い詰めるものを資生堂という大手企業がやるのはやめてほしい。
あと、もう一つのCM「今日も頑張ってるねえ」「それが顔に出ているうちは、プロじゃない」とかもどこまで頑張らなきゃいけないの。なぜ他人に無神経にジャッジされないといけないの。

あの、テロップがぐるぐる回る映像は良いのに。あの演出凝ってそう。
打ち出すメッセージを変えれば相当面白いCMになったはず。個性的な3人だし。
最終承認を出すお偉方が旧態依然とした考え方に凝り固まった人間だったんだろうな。
というか予算出す人が決定権もつんだろうし、かつてのルミネCMしかり
世に出してから反応を知って慌ててひっこめるパターンか。今回のCMも、計画段階から色々な人がかかわってきたハズなのに、おかしいとだれも思わなかったのだろうか。

INTEGRATE|資生堂

なんてことを思いながらうつうつしていたら、こんなニュースが。

matome.naver.jp

電通の女性社員(24歳)が過労で自殺した。それもクリスマスの日に。
ただでさえ忙しくてつらいのに男性上司から「女子力がない」なんて
言われるなんてインテグレートのCMと同じだ。つらかっただろうな。
東大卒で電通とか、将来を約束されたようなイメージだったけどここまで
頑張らなきゃいけないなんて。

激務の中にいたことがあるが、あれは今でもたまに夢を見る。
思い出したくないのに。でもあの中にいるとそれが普通と感じてしまう。
皆、私なんかよりもっと働いてる。もっと頑張らなきゃって焦る。
それしか考えられなかった。一種の洗脳だったな。
あと先輩には「え?残業なんてなくない?」と言われ、「?」と思ってたら
「だって自分の仕事が終わらないのから残っているんでしょ。」
=会社が押し付けたのではない、あくまで自己責任。というトンデモ理論も
自分が人並みに仕事ができないから仕方ないんだと自己完結してたし。
おそろしい。