読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atoyamaの日記

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

もしも、矢口蘭堂が堺雅人だったら

スカパーのCMを観て思う。
youtu.be

もしも、シンゴジラでの矢口蘭堂を演じる俳優が長谷川博己ではなく
堺雅人だったら半沢直樹よろしく演説調で立ち回るんだろうなと。

そうなったら、堺雅人の映画という印象で終わったと思う。
石原さとみ以上に浮いてしまいそう。

長谷川博己は、良い意味で目立っていなかった。
この映画において一応主役のハズだけど。

鈴木先生」や「家政婦のミタ」でしか彼の演技は知らないけれど、
その時も俺が俺が!という印象はなかった。
だからといって、いてもいなくてもよいということではなく
彼がいたからこそあのセリフだらけの映画を
退屈に感じることがなかった。

うまく言えないけれど、とらえどころのない魅力があって、
不思議な俳優さんだ。

「デート~恋とはどんなものかしら~」の高等遊民
演じたのも彼か。演技の幅広いな。
今後も注目します。

そして下記の予告。ネタバレ度すごい。。
・・・特にラスト。でもあの「悲劇 」の曲の日本語訳が出ていて助かる。 
www.youtube.com