読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atoyamaの日記

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

私がまだ「社畜」という言葉を知らなかった時。

会社のルール=(私の)世界のルールだった。

朝9時出社、夜7時退勤のはずだが、
新人は1時間前に来て、先輩の机を拭く。30人くらい。
朝礼で、今日の予定を一人ひとり順番に大声で全社員に
分かるように伝える。昼ご飯は机で食べて、
食事中でも電話がなったら3コール以内に出る。

夜も自分の仕事が終わっても帰ってはいけない。
先輩の仕事を手伝う(雑用含む)
それが当たり前の世界だった。

それまではアルバイトや契約社員として働いていて
正社員になったのは、その会社が初めてだったため、
会社のルールは、世界のルールであり、
守らないといけない。と強く思っていた。
若かったしw

そのうち仕事量も増えていき、終電徹夜が続いていった。
まさに下記の漫画のようだ。

まだ「ブラック企業」や「社畜」なんて言葉も知らず、
社会人は!大人は!こういうものなのだ。
頑張らなきゃ!と自分に言い聞かせて文字通り
馬車馬のように働いた。

吹き出物が顔中にできた。何を食べても美味しいと
思わなくなった。笑わなくなった。などなど
家族や友人が異変に気付き、会社を辞めた。

news.yahoo.co.jp

私が辞めたあと、ほどなくして会社は倒産したと聞いた。
たまに思い出す、あの異常な世界。
それが正しいと思って疑いもしなかった。

もうかなりの昔の話なのに、たまに思い出してしまう。
心の傷なのだろうか。

1つだけあの会社に居たことで感じることができたのが、
普通の毎日の素晴らしさ。

 辞めた後はリハビリのように、買物したり旅行したり。
美味しいごはんを食べて生き返った。 

そう、あの時の私は生きながらにして地獄に居たのだ。