あとやまの考えです。

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

※ネタバレあり「ルーム ROOM」印象に残った6つのシーン

 2016年4月8日(金)公開の「ルーム ROOM」を観てきました。

 重い映画だけど、子役の生き生きとした演技に救われます。

gaga.ne.jp

でも、でも!観終わって思ったのが…

予告編で、良いシーン全部見せちゃってる☆

 ダイジェスト版と本編みたいな。

泣いてしまうシーンがたくさんありましたが、それはそれ。

 

そんな中でも本編を観たからこそ、心にしみたシーンがいくつかありました。

 

1.婦警さん大活躍!!子どもを保護した婦警さんの逞しさ。

一緒にいた警官が、もう寝かせてあげなみたいな声をかけても、

初動が大事とばかりにジャックに質問をする。そのおかげでママも

助かる!ラストにも出てきます。優しさと強さを持っている。

 

2.じいじと孫のシーン。

両親と7年ぶり再会。でも、ハッピーエンドでは終わらない。

孫は可愛いはずなのに、孫の父親は自分の娘を強姦した犯人。

どうしても犯人が憎い。だからジャックと目を合わせられない。

目を見たらその中に犯人を感じてしまうから。悲しすぎる。

 

3.ママがばあばに激怒するシーン。「人に優しくって教えられたせいで、

あいつの犬を探すのを手伝ってしまった!そのせいで私は誘拐されたの!」

ばあばの「人生が破壊されたのはあなただけじゃないのよ!」。救出後は

腫れ物に触るかのように接してきたが本音が飛び交うシーン。

悪いのは加害者であるあいつなのに、被害者が苦しむつらさ。

 

4.無神経なマスコミのインタビューシーン

望んでインタビューを受けたママですが、無神経な質問にとまどう。

安全地帯からならなんとでも言えるし、助かった後だからこそ

あの時こうすればよかった、ああすればよかったって後悔してしまう。

被害者なのに。

 このツイートを思い出しました。↓

5.ジャックの断髪シーン

長い髪にはパワーが宿るといっていたジャック。

生まれた時から一度もカットしていないため、最初は女の子に間違えられた位。

ママをもう一度助けるために、長い髪をカットします。

ジップロックに入れられた髪の束からは確かにパワーを感じます(笑)

 

6.ラストシーン

やはり、ラストにシーン。ジャックもママも気持ちに折り合いをつけるために

必要だったのだろう。

 

 

※ブログ内で書いている劇中のセリフですがうろ覚えです。実際とは違う可能性があります。