あとやまの考えです。

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

※ネタバレあり「スポットライト 世紀のスクープ」印象に残った3つのシーン

2016年4月15日(金)公開の「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました。

一言で表すと神父の性的虐待をスクープした新聞社の話。

ただそこまでたどり着くのに一人ひとりが命を懸けていて、

手に汗握る。正直、劇中誰かが殺されるのじゃないかとヒヤヒヤしていた。

 

spotlight-scoop.com

 

最後、たくさんの電話が編集部にかかってきたシーンで泣いてしまった。

 

印象に残ったシーン

1.調べていくうちに、自宅近くに犯人である神父の家がある!

と発見した登場人物の一人が、子供たちにあの家に近づかないようにと

警告する張り紙を冷蔵庫に貼るシーン。親心。。

 

2.被害者の一人の男性。見た目は強そうで自信ありそう。

仕事もプライベートも充実していて、え?この人も被害者?と一瞬思ったが、

加害者である神父の名前を伝えたとたん、目から光が消えて今にも消えて

しまうのじゃないか?と思うくらい真に迫っていた。虐待の残酷さがうかがえる。

 

3.ある程度性的虐待の証拠が集まり、被害者の手紙まで集まった。

もう記事にすべきだろう!と思ったのにウォルターがまだだめだとストップを

かけたシーン。マイクがキレるのも分かる。結果的に止めてよかったけれど

他社が先にスクープされていたらと思うと。

 

実話というのが最初に分かっていたからなおさら怖い。

被害者の証言を取るシーンも、見ていて本当につらかった。

宗教をもたない日本人としては、そこまで神父を絶対視する感情が

分からないけれども、「神様にノーと言えますか?」ってセリフは

そりゃ言えないよな。。と思った。

 

今まで、映画館で観る作品の基準として

・大画面だからこそいきるアクション映画

・観た後にハッピーになれる映画

・映画好き以外でも知っているようなスター選手が出ている映画

だったけれども、この映画を観て考えが変わった。

 

※ブログ内で書いている劇中のセリフですがうろ覚えです。実際とは違う可能性があります。