※ネタバレあり「リメンバーミー」華やかで残酷な死者の国

ピクサーの最新作、リメンバーミーを観ました。
いやぁ~最近のアニメのクオリティの高いこと。
二次元なのに、奥行きが凄いし登場人物の肌感もリアリティがある。
水中や光の表現も綺麗で、圧倒されていました。

作品の舞台はメキシコ。年に一度の死者の日に起きた奇跡。
その日だけは死者の国から橋が架かり生者の国へと遊びに行ける。
その条件はお金とかではなく、生者が祭壇に死者の写真を
飾ってくれているかどうか。ということは、有名人やリア充は、
死んでからも有利ということか。特にこの映画は「家族」を
とても重要視しているから独り身や、毒親に育てられて家を
飛び出して死んだりとかしたら死者の国に留まることなく、
消えてしまうかもしれない。まぁもしそうでもいいか。
生者の国に未練がなければ、死者の国に留まる必要もないし。
死者の国に居る時点で、ある程度家族に恵まれているのだ。
(すぐにでも消えてしまうコミュニティはあったけど。)
などと脱線気味で観ていたけれども、かなり面白かった(説得力ないけど)

あと、気のいい相棒ヘクターが、実はミゲルの本当の祖先だと知ったときは驚いた。
ミゲルが憧れていた&祖先だと思っていたデラクルスは、実はヘクターを殺して
曲を奪った張本人だったのだ。

ここのあたりのミゲルの心変わりが正直すぎて若干残酷。
ヘクター「がっかりしたんじゃないか?俺なんかが祖先で」
ミゲル「そんなことない、人殺しのデラクルスが祖先じゃなくて良かった」
というのだ。※セリフはうろおぼえ

物語の三分の二位、デラクルスに心酔していたのに。行動のモチベーションは
いつだって彼の音楽や映画のセリフ(それも盗作だったが)だったのに。
しょうがないけれども。そしてデラクルスの悪事を暴き、ミゲルも無事生者の国に
戻れて、めでたしめでたし。面白かった。

これ、日本が舞台だとしたらお盆だろう。きゅうりやなすに乗って祖先が
あの世からこの世に帰ってくる。そんなアニメがあったら面白そうだ。

リメンバーミーの前にやっていた、アナと雪の女王の短編も良かった。
オラフのまっすぐな愛にはいつも泣かされる。

www.disney.co.jp

にんにくいつ食べるか問題

月曜日からにんにく臭くさせるのは嫌だから食べられない

火曜日は全体会議があるから食べられない

水曜日と木曜日はお客様と打ち合わせだから食べられない

金曜日は土曜日に友達と遊ぶから食べられない

土曜日は日曜日に美容院とか映画とか整体に行くから食べられない

日曜日は明日が月曜だから食べられない

 

みんないつ食べてるの

【ネタバレ注意】グレイテストショーマンで聴けなくて、スリービルボードで聴けたもの

それはオペラ。
そして、二作品に共通しているのは小人症の男性が出てくること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて感想。
グレイテストショーマンは、何といっても歌と踊りに圧倒された。
けれどふと思い返すと、オペラ歌手のジェニーリンドって
紹介されていたけど、全然オペラじゃなかったような。
もちろん素晴らしい歌声だったけど、いつオペラになるのかと
待っていたら終わっていた。少しだけ違和感があった。
で、そのあと、スリービルボードを観たら冒頭がオペラで。
マジか・・・と思ってニヤニヤしていた。
そしてこの作品にも出てくる小人症の男性。おぉ。偶然だなと。
グレイテストショーマンの小人の人は、サーカスの一員だったけれど、
スリービルボードの小人の人は中古車販売店の営業として働いていた。
人生色々。

そうそう、グレイテストショーマンは歌と踊りが予想外に良かったけれど
ストーリーは予告編で観た想像から1ミリも脱線することなく
終わったから驚いた。事実を映画にするとそういうものなのだろうか。
というか歌も踊りも現代的過ぎて。舞台だけ昔にしてる現代劇な感じ。
ストーリー50点、歌と踊り100億点!!!って感じ。

対してスリービルボード。ラストは、正直え!?終わり?と思ったけど
後からじわじわくる。予告編からいい意味で裏切られた。
この作品の舞台はアメリカ ミズーリ州の田舎町。
娘をレイプされて殺された母親ミルドレッドが、
7ヶ月もたっているのに犯人が捕まらないことに業を煮やして
街はずれの道沿いに大きな三枚の看板を出す。

1枚目「娘はレイプされて殺された」
2枚目「未だに犯人が捕まらない」
3枚目「どうして、ウィロビー署長?」

たったこれだけ。

それが街をあげての大騒ぎになる。次第に敵意を表す周囲の人々。
警官=正義の味方のハズが味方を攻撃されるとこうなるのか。。
でも、これだけ読むと怖そうだけど、なんだかこう
全編ユニークというか面白さが漂う。悲劇のような喜劇のような。

例えば、広告屋の青年レッド。自分を殴って二階から突き落として
大けがさせた警官ディクソンが、自分と同じ病室にいることが分かり、
最初は散々彼を責め立てるけれど、最後はストロー付きのオレンジジュースを
そっとテーブルに置いてあげる優しいシーン。

ウィロビー署長が突然血を吐き(末期がんなのです)、直前まで
言い争っていたのに、その時は聖母のような優しさを見せるミルドレッド。

ザコンで人種差別主義者でどうしようもないクズ男だけど、
最後はミルドレッドと共に狩りに行くディクソン。

人の弱さと少しの優しさを痛いほど見せつけてくる
不思議な映画だと思った。

あと、ミルドレッドの男女分け隔てなく鬼畜な所が好き。
登校中、車にジュースをぶっかけられたミルドレッドは
犯人の股間にケリを入れる。男子生徒にも女子生徒にも。

しかしこう、日頃C.S.Iやクリミナルマインドなどの海外ドラマを
観ていたので、あのDNAから犯人が捕まるんだろうななんて思っていたけれど
現実は残酷。警官も優秀とは程遠い感じだし、捜査もちゃんとしたのか疑問。

もう少しまとまった感想を書きたいけれどそれはあとでにしよう。
スリービルボードは久しぶりにブログに書きたくなる作品でした。
グレイテストショーマンは歌と踊りだけでももう一回観に行きたい。
けど、ブログに書く気が起きない。語ることがない映画。
歌と踊りは素晴らしいんだけど(3回目)

居心地の悪い飲み会

会社の飲み会には、参加するタイプだ。イマドキ飲みニケーションなんて。と思うが
結構面白い発見もある。職場で真面目一徹な人が、実はフェス大好きのウェイウェイ系だったり、チャラいと思っていた人が、週末に老人ホームでボランティアをしていることを知ったり。何より、不思議とその後の仕事がしやすくなる。煩わしいと思う反面それで仕事が順調にいくなら安いものだ。

で、今日の飲み会。メンバーは6人。全員30歳以上。男性社員は4人で、皆彼女・妻あり。女性社員は私ともう一人、30歳のA子さん。彼女は交際5年を経て結婚した新婚さん。都内に一軒家も購入した。かたや私は3?歳彼氏なし。それらの事は皆知っている。


飲み会が進むにつれ、A子さんは、同棲中の彼女がいる社員B(30歳)に発破をかけた。「早く結婚したらいいじゃないですか。30歳で結婚なんて普通ですよ。2年も交際しているならいいじゃないですか?私なんか周りがみんな結婚していて、むしろ遅いくらいで恥ずかしいです!」と、彼氏のいない年上の私の前で、無邪気に笑って言った。

 

その場が凍り付いたかといえばそうではない。男性社員はそこまで気が回らない。
私だけがむなしくなった。しかもそれを自虐的にネタにすることもできなかった。
「それ、3?歳彼氏なしの私の前で言う?w」なんて発言、今度こそ場が凍り付くから
言えなかった。何よりそこまで強くない。ちっぽけなプライドだが捨てられなかった。


それまで楽しく飲んでいたが、速攻帰りたくなって、トイレに何回も行ったり、とりあえず笑顔でうなずき相槌マシーンと化したが、最後の方はあからさまにつまんなそうな顔していたりしたので、他の人には迷惑をかけてしまった。まあ、だれも気付いていないと思うが。で、なんとかその場をやり過ごした。


参加しなきゃよかった!と思ったのと同時に、以前忘年会で結婚ネタをいじられていた女性社員のことも思い出した。出席していた男性社員が、彼女に「なんで結婚しないの?」ってからかい気味に聞いていた。「できるものならしてますよ!」って笑って返事していた。元来明るい女性だし、いじれると思ったのか、その男性上司はさらに「おーい、君たち、誰か○○さんと結婚してやれよー」って大声で笑いながら言っていた。その年以降、彼女は忘年会も飲み会も出席しなくなった。

私もそろそろそうなると思う。本当に窮屈だ。

結婚が評価される社員

入社して1年目で結婚した男性社員の話↓

blog.asimino.com

確かに、会社内での評価は良くなる。イマドキ、新卒で定年まで
いるご時世ではないけれど、この人はすぐには辞めないから安心。
数年後に子どもが出来たら、特にそう思われるだろう。
言わば会社と人生を共にした覚悟がある人物なので、
(本当に覚悟したかどうかはさておき)自動的に社長の信頼も厚くなるだろう。

そういえば、うちの会社にも入社してすぐ結婚した男性社員がいた。
面接時でも、もうすぐ結婚する話をしたらしい。
歓迎会で彼は「最低でも15年は何があろうと会社にいますよ!
住宅ローンが30年もありますからね!」と宣言したあと、すぐにリーダーの
昇格していたな。まったく実力はなかったけれど、伸びしろはある、という理由で。

次はこちらの方。
同じく早々に結婚して娘さんを持つが、自分のやりたいことがあり
結婚を足枷と考えていて今は別居状態という記事。
こういった側面もあるのだと知る。
www.selfish-father.com

 

で、私自身はというと、バリバリキャリアに突き進むでもない、
早いうちから結婚する訳でもない、どちらも中途半端な人間。
漠然と、結婚してからが人生のスタートだと思っていたから、
未だに人生のスタートを切れないまま、ずるずる年だけ取っていく
という最悪のパターンになっている。