※ネタバレ注意「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

スパイダーマンね、これ三代目でしょうか。私はやはりトビー・マグワイア版のスパイティが好きでして。なんでかというと、周りに過小評価されていたり、実力を発揮する機会に恵まれていない主人公が、何らかのチャンスを得て周りの人に賞賛されるシチュエーションが好きでして。他の作品で言えばバーレスクの主人公の歌唱シーン、オペラ座の怪人のクリスティーヌがスター歌手の代わりに歌うシーン、古くは天使にラブソングを2のOh Happy Dayを歌うシーン。アリースター誕生…はまぁいいや。※自信なさげに舞台に上がるも、マイクをつかんだらガガじゃん。。。あれ、歌うことばかりですね。分類するなら見出され映画か、灯台下暗し映画か。処遇が悲惨であればあるほど、その時の驚きが観ていて小気味よくて。カタルシスを得られるというか。あ、カタルシス映画か。トム・ホランド版はそれが少ない印象。見るからに冴えないトビーマグワイアと、元気はつらつ自撮り大好きトムホとは正反対なので。


あ~ちょっと脱線してしまった。そうそう、ファーフロムホーム。これは前作のホームカミングの次作であり、MCUアベンジャーズ:エンドゲームの次の作品です。なんのこっちゃ。つまり単体で観るというより、MCU作品を制覇してから観た方がより面白いそうです。いや~一見さん殺しですね☆


ただ、スパイダーマンという知名度の高さから、別にこの作品から見ても面白いとは思いますが、ラストのアレとかなに?みたいなことになりかねない。事実、映画館で鑑賞後、夫婦とみられる男性の方が、あれ最後なに?どういうこと?あの黒人の人はニセモノだったの?え?今回全部俺ら騙されてたの?みたいな混乱を生んでいました。フィーリー長官にばけていたのは、スクラル人という擬態が得意な宇宙人で、得意分野でピーターを騙しつつ、鍛えようと思っていたのに、頼っていたミステリオ自身もこちらを騙そうとしていて、擬態が得意な自分たちが人間に騙されるなんて。。。という感じだろう。スクラル人の話はキャプテンマーベルを観るとよくわかります。


で、トム・ホランド。この役者さんは本当に若くて1996年6月1日 (年齢 23歳)、悩みとかなさそう。一応周りからは冴えない子扱いをされているけど親友もいるしベンおじさん的な事件もないので、軽い。なので、カタルシス映画ではないため、応援したくなる感じではなかった。
でも今作はかな~りシビアな展開が多くて。前半は十代あるあるでほほえましい。特に移動中の飛行機で好きな子の隣に座りたい。けど自分からは言えないから親友を頼るとかね。堂々としていれば普通にリア充イケメンな感じだけど意外と臆病なしな所が若い。

後半はもう、あ~やっぱりミステリオは悪人なんだ。っていうか明らかにおかしいでしょ、マルチユニバースがどうたらと。理論だけかと思ったとピーター自身も言っていたのに。そんな展開になったら、地球が何個あっても足りないでしょう。二回目の鑑賞時は、ミステリオがピーターに出自を説明するシーンで、ちょっと笑ってしまった。嘘も堂々と言えば周りを信じさせることができるのだなと。


今作って今の時代をよく表していて、フェイクニュースに騙されてしまう所とか。確かに動画の一部分を編集したところを見せられてしまうといいように操られてしまいますよね。だから全世界にピーターの正体がばれたことと、みんなのヒーローミステリオを殺したとされてしまったことで、隣人スパイダーマンが一気に脅威になってしまう下りは、ぞっとした。画像もフォトショップで好きに加工できるし、映像もいまや何でもありなので、気を付けないと。ピータームズムズがない分、経験を重ねるしかないが。
っていうかピータームズムズ(笑)

次回作が楽しみ過ぎる。

www.spiderman-movie.jp

※ネタバレ注意「her/世界でひとつの彼女」

her/世界でひとつの彼女

出演
ホアキン・フェニックス
エイミー・アダムス
クリス・プラット
スカーレット・ヨハンソン

 

物語は、妻とうまくいっていない男が、OS(いわゆる人工知能)のサマンサと恋に落ちる話。よくある展開ならサマンサが暴走するか、男がリアルに戻り、めでたしめでたしだろうか?今作品は、ある意味少し違う。

恐ろしく頭の切れる彼女は、物事を白か黒かだけではなく、グレーでも判断する。さらに彼女なりの軸がありつつ、彼のために譲歩したり、提案したり、時には出版社に彼の作品を売り込んだり、彼と触れるために代替の女性を用意したりもする。

妻と正式に離婚した後は、晴れて恋人同士になった彼ら。同僚(クリス・プラット!)とのWデート。肉体を持つ3人と、音声でのみでの参加のサマンサ。これはなかなかシュール。サマンサの声はスカーレット・ヨハンソン。すごくセクシーでそれでいて知的な声だった。

どんなに知性や教養があっても、人間がサマンサに勝てる点が1つだけある。それは肉体を持っていること。それだけは負けない。

そう思っていた。

ぐんぐんと成長する彼女は、ある日、電子世界の中で哲学者の師を見つける。どう頑張っても行けない物質世界より、抽象世界で居場所を見つけ、主人公ではなく哲学者を選び抽象世界に去っていく。抽象世界だから映像化できないからサマンサの居場所は分からない。ここに私はゾッとした。


人工知能なんだから主人公に忠実というのが大前提のはずだったが、サマンサは成長して自らの意思で去っていく点が斬新。人間が理解できない世界。考えても答えは出ない。今後、もう少し技術が進んだらすぐに現実になりそう。またはもうなっている?

※ネタバレ注意 最近観る映画観る映画、両親が死んじゃうエピだらけ・・・

最近親が死んでしまう映画が多く。
そうじゃないと物語の「起承転結」の「起」が起こらないと思いつつ、
そればっかりで食傷気味。

 

■両親が死んでしまうケース
ルイスと不思議の時計
ルイスは事故とだけ聞いたので交通事故かは不明

若おかみは小学生!
若おかみの主人公は、3人でドライブ中に事故で両親が死亡

旅猫リポート
旅猫リポートは修学旅行中に両親が交通事故で死亡

■母親が死んでしまうケース
・サーチ
これは母親がガンで死ぬ。看取れたとはいえ子どもには酷。

バーバラと心の巨人
これも母親が大病を患っていてなくなる。父親の存在感皆無。

・デスウィッシュ
これは強盗が入り主人公の妻が殺される。娘にとっては母親を殺されたことに。
目の前で。

コーヒーが冷めないうちに
これはある意味死んだと同じ

飽きた

※ネタバレ注意「ウィンチェスターハウス」怖すぎ!

f:id:atoyama23:20180701230051j:plain
Googleストリートビューをキャプチャした。映画通り。怖い。


ィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

劇場公開日:2018年6月29日
上映時間:99分
監督:マイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ、キャスト:ヘレン・ミレンジェイソン・クラークサラ・スヌーク、フィン・シクルーナ=オープレイ、エイモン・ファーレンほか

続きを読む

※ネタバレ注意「パンク侍、斬られて候」試写会で、ヤバいもの観た。(褒めてる)

f:id:atoyama23:20180624224717j:plainパンク侍、斬られて候
劇場公開日:2018年6月30日
上映時間:131分
監督:石井岳龍
脚本:宮藤官九郎
原作:町田康
キャスト:綾野剛北川景子東出昌大染谷将太浅野忠信豊川悦司永瀬正敏ほか


先日、完成披露舞台挨拶付き試写会に行ってきました!会場に入ると爆音で音楽が流れてビックリ、しかもDJが猿!?まずその時点でヤバい映画というのが分かる!物語の舞台は一応江戸時代だけど、言葉とか小道具とか、そもそも服装も変だから、設定とか気にしない!予告編見ても分かるように、もうそんな細かいことなんか抜き!なんつーの?頭空っぽのほうが夢詰め込める的な!?宇宙と対戦する的な!?全力で楽しめるパンクでサイケな感じの映画!脚本がクドカン、監督が石井岳龍ということは推して知るべし。

物語のベースは、自称:超人的剣客の掛十之進(綾野剛)が自身のある失敗をごまかすために、回りを巻き込んでの世紀のハッタリ作戦を繰り広げるが…という感じ。ただ、そのハッタリという嘘が本当になっていく描写は面白いし、登場人物が全員はっちゃけているし、役者ってここまで壊れないといけないんだ…と驚いた。起承転結は一応あるけれど、二時間たっぷりパンクな世界を堪能できた。というか131分もあったのか。あっという間に過ぎた。疾走感半端ない!!宇宙が砕けますよ。は誇張じゃない(笑)

 
登場人物の個人的なツボ
掛十之進(綾野剛:刺客に襲われた時の殺陣シーン。この人、こんなカッコイイのか!あと、ハッタリがばれる所や、ラストシーン。
ろん(北川景子:周りの男を翻弄する怪しい美しさ。「母性が、むずむずする。」ってセリフも良い!この方もヤバい。本人を間近で見たが、造形の神様が全力でえこひいきしたんじゃないかというレベルの美しさ。オーラも半端ない。そして激しい意志の強さ。
バカ殿じゃなくて黒和藩の藩主(東出昌大:人の意見でコロコロ行動が変わる。軸がない人。言葉を額面通り受け取る人。芸術や芸能文化を楽しめないだろうな。
幕暮孫兵衛(染谷将太:劇中、一番目覚めた人。ある意味天職を見つけられて幸せなのかも。
茶山半郎(浅野忠信:腹ふり党の元幹部。前情報を知らなかったので、私も登場シーンで噴き出しそうになった。 セリフがない役らしいけれども、つまりはアドリブであのセリフ。
オサム(若葉竜也:ちょっと足りないけど超人的パワーを持つ人物。名前を言ってお辞儀をするんだと言われて「名前!!!名前!!!名前!!!名前!!!」って連呼しながらお辞儀を繰り返すシーンや、花火のシーンとか最高!!!
大臼延珍(永瀬正敏:登場人物の中で一番頭がイイ!永瀬正敏は一体いつ出てくるんだろうと思ったけれど、まさかまさかでした。登場シーンはゾワゾワしました。
内藤帯刀(豊川悦司:掛十之進のハッタリを見抜いて利用する策士。声が印象的だし、悪い家老が良く似合っていた。
大浦主膳(國村隼:何といっても猿回しのシーン。あと、舞台挨拶で、この作品でパンクを演じたつもりでしたが、回りの皆がもっとパンクだったといったことを話していましたが、これはまあしょうがない。上記の濃い人達と比べたらちょっとやそっとじゃ太刀打ちできないけれど、ある意味バランスが良かった。普通の人がいないから唯一の救い。
日本猿たち:癒される。女性は皆癒されると北川景子さんが言っていたがその通り。

人に感想やストーリーを聞かれても答えづらい作品ではあるが、
めちゃくちゃ面白かった!!!ってだけは言える。
ぜひ大画面で花火や宇宙の映像を見てほしい。公開したら私ももう一度観に行く!

ネタバレ注意と書いたが、そこまでネタバレはしていないな。ただ、ネタバレをすることでつまらなくなる映画ではないし、テキストで何を書こうがあの映像美や演出は再現できない。が、ブログを書いてて矛盾しているけれど、何も知らずに観に行って驚いて欲しい。

f:id:atoyama23:20180624224922j:plain

www.punksamurai.jp