元気がないから何にもできない

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

居心地の悪い飲み会

会社の飲み会には、参加するタイプだ。イマドキ飲みニケーションなんて。と思うが
結構面白い発見もある。職場で真面目一徹な人が、実はフェス大好きのウェイウェイ系だったり、チャラいと思っていた人が、週末に老人ホームでボランティアをしていることを知ったり。何より、不思議とその後の仕事がしやすくなる。煩わしいと思う反面それで仕事が順調にいくなら安いものだ。

で、今日の飲み会。メンバーは6人。全員30歳以上。男性社員は4人で、皆彼女・妻あり。女性社員は私ともう一人、30歳のA子さん。彼女は交際5年を経て結婚した新婚さん。都内に一軒家も購入した。かたや私は3?歳彼氏なし。それらの事は皆知っている。


飲み会が進むにつれ、A子さんは、同棲中の彼女がいる社員B(30歳)に発破をかけた。「早く結婚したらいいじゃないですか。30歳で結婚なんて普通ですよ。2年も交際しているならいいじゃないですか?私なんか周りがみんな結婚していて、むしろ遅いくらいで恥ずかしいです!」と、彼氏のいない年上の私の前で、無邪気に笑って言った。

 

その場が凍り付いたかといえばそうではない。男性社員はそこまで気が回らない。
私だけがむなしくなった。しかもそれを自虐的にネタにすることもできなかった。
「それ、3?歳彼氏なしの私の前で言う?w」なんて発言、今度こそ場が凍り付くから
言えなかった。何よりそこまで強くない。ちっぽけなプライドだが捨てられなかった。


それまで楽しく飲んでいたが、速攻帰りたくなって、トイレに何回も行ったり、とりあえず笑顔でうなずき相槌マシーンと化したが、最後の方はあからさまにつまんなそうな顔していたりしたので、他の人には迷惑をかけてしまった。まあ、だれも気付いていないと思うが。で、なんとかその場をやり過ごした。


参加しなきゃよかった!と思ったのと同時に、以前忘年会で結婚ネタをいじられていた女性社員のことも思い出した。出席していた男性社員が、彼女に「なんで結婚しないの?」ってからかい気味に聞いていた。「できるものならしてますよ!」って笑って返事していた。元来明るい女性だし、いじれると思ったのか、その男性上司はさらに「おーい、君たち、誰か○○さんと結婚してやれよー」って大声で笑いながら言っていた。その年以降、彼女は忘年会も飲み会も出席しなくなった。

私もそろそろそうなると思う。本当に窮屈だ。

結婚が評価される社員

入社して1年目で結婚した男性社員の話↓

blog.asimino.com

確かに、会社内での評価は良くなる。イマドキ、新卒で定年まで
いるご時世ではないけれど、この人はすぐには辞めないから安心。
数年後に子どもが出来たら、特にそう思われるだろう。
言わば会社と人生を共にした覚悟がある人物なので、
(本当に覚悟したかどうかはさておき)自動的に社長の信頼も厚くなるだろう。

そういえば、うちの会社にも入社してすぐ結婚した男性社員がいた。
面接時でも、もうすぐ結婚する話をしたらしい。
歓迎会で彼は「最低でも15年は何があろうと会社にいますよ!
住宅ローンが30年もありますからね!」と宣言したあと、すぐにリーダーの
昇格していたな。まったく実力はなかったけれど、伸びしろはある、という理由で。

次はこちらの方。
同じく早々に結婚して娘さんを持つが、自分のやりたいことがあり
結婚を足枷と考えていて今は別居状態という記事。
こういった側面もあるのだと知る。
www.selfish-father.com

 

で、私自身はというと、バリバリキャリアに突き進むでもない、
早いうちから結婚する訳でもない、どちらも中途半端な人間。
漠然と、結婚してからが人生のスタートだと思っていたから、
未だに人生のスタートを切れないまま、ずるずる年だけ取っていく
という最悪のパターンになっている。

【小1で退学】新装版・窓ぎわのトットちゃんを読んだ。

タイトルだけは知っていたけれど中身を読んだことがなかったが、
ふと目について。68ページ目を読むまで、黒柳徹子さんの自身の
幼少期の話だと思わなかった位。(トット=テツコとは結び付かなかったから。)
主人公トットちゃんは、小1にして小学校を退学となってしまった子。

小1にして退学の原因となったエピソードとは?

授業中じっと座っていられない子で先生が手を焼いていた手を焼いていた。
例えば
・上に開く式の机のフタを百回くらい開けたり閉めたりを繰り返した。
・教室の窓のところに立ってチンドン屋さんを呼んでしまった。
・つばめの巣に向かって、大声で「ねえ、何してるの?」と聞く。
・国旗を描くという授業で朝日新聞のような軍艦旗にして、ふさまでつけて、
 あげく机まで広げて描いた。

これ全部トットちゃんが「授業中」にしたこと。
本の中では、その様子が生き生きと描かれています。
ついに先生に「おたくのお嬢さんがいるとクラス中の迷惑になります。
よその学校にお連れください!」と言われてしまう。

そんなトットちゃんが次に通うこととなったのは「トモエ学園」
校長先生は初対面の時に、トットちゃんに好きに話をさせてくれます。
その時間はなんと4時間。その間、あくびしたり退屈そうにしたりしないで
一生懸命話を聞いてくれた、はじめての大人の人。
トットちゃんがこの校長先生に出会えたことが本当に良かった。
前の小学校のままだったら、窮屈でつらかったと思う。
ちなみにトモエ学園は下記に説明が。
そうか、あの自由が丘のピーコックストア自由が丘店に学園があったのか。

トモエ学園 - Wikipedia

トットちゃんってどんな女の子?

・好奇心旺盛で、思い立ったらその場ですぐ行動する。
・国籍の違いや障がいの有無など関係なく、誰にでも同じ目線で平等に接する。
・大人の女の人がしていたおさげにあこがれる女の子らしい面がある。
・皆に優しい。人を思いやって、好きなことをやめることもできる
(リボンエピソード)

いつ発売された本なの?

今回読んだ本は新装版だったため、2006年発行でしたが、最初の本は
1981年。今から36年前でした。黒柳徹子さんは47歳位。
そのころの日本は校内暴力が社会的な問題となっていたようで
卒業式に警察が待機するほど。

「君は、本当は、いい子なんだよ!」・・・「本当は?」
校長先生はトットちゃんを見かけると必ずこう言います。
「君は、本当は、いい子なんだよ!」それはつまり、周りから誤解されている
ことを意味します。皆トットちゃんをいい子と知っていたらわざわざ
「本当は」なんてつけなくていいんですから。そう、トモエでもトットちゃんは
他の先生や父兄が驚くようなことを色々してしまいます。それでもこの言葉が
トットちゃんの一生を決定したくらい大切な言葉でした。

いわさきちひろさんのイラストが素敵


いわさきちひろさんの挿絵とトットちゃんのイメージがすごくあっていて
てっきり描き下ろしのイラストだと思っていたら、違うんですね。

時期的にいわさきちひろさんは、すでに1974年に亡くなっていたとは。
いわさきちひろ絵本美術館で文章に合うイラストを選んでいたという。
そのことも驚きました。その位、トットちゃんらしいイラストでした。

※ネタバレ「ザ・サークル」ラスト!ラストが・・・

エマ・ワトソントム・ハンクスが出演する映画。
観ない理由はありません。

イーモン・ベイリートム・ハンクス
が経営する
巨大SNS企業「サークル」に入社したメイ・ホランドエマ・ワトソン
が徐々にその異常な世界に飲み込まれていく様子を描く。

結論から言うと。なんだか古い。もしこれを7年前に公開していたら
物凄い反響だったと思う。2010年の時点ですでにクラウドがどうたら
言っていたし、facebookはまだPCのみ対応で普及していなかったけど。
四六時中のネット配信も取り立て珍しいことでもないような。

そして何よりあのラスト。
満足げにカヤックを漕ぐメイに近づく2台のドローン。
てっきりオールで叩き落とすのかと思ったのに!
何のんきに挨拶しているんだ?
結局どうしたかったんだ?

異常な企業体質を徹底的に完膚なきまでに暴いて壊すか、
または骨の髄まで洗脳されて、世界の支配者になるか
どちらかに振り切って欲しかった。
中途半端過ぎてカタルシスが得られなかった。
途中で監督が変わったとか?

物語以外は良かったのに。エマ・ワトソントム・ハンクス
ビル・パクストンとグレン・ヘドリー演じる夫婦の様子も。
※お二人の遺作になったとは。wikiで知りました。
ネットが嫌いな幼馴染も、途中でおかしくなってしまう友人の
アニーも。皆、良かった。悪いのは物語だけだった。
本当に!!!もったいない。

gaga.ne.jp

 

※ネタバレ「僕のワンダフル・ライフ」犬目線では最高だけど・・・ 

どちらかというと猫派でしたが、この映画を観て犬も良いなと思っています。
予告編ですでに泣いた私なので、案の定泣いた泣いた。
一人で観ていて良かった。右隣のカップルは彼女が泣いているし、
左隣の女友達同志も泣いている。というかそこら中、鼻水の音とかもするしw

ええと、これは、ベイリーという犬が50年間の間に3回転生した話。
なぜって大好きなイーサンにまた会うため。だと思うが、実は
最初に一回出会う前に死んだ回もあるから、単にベイリーだけが
特別なのだろうか。そこらへんは深く考えないようにしよう。


ベイリー目線で観ると愛が一途でとても面白かったのに、ふとヘンリー目線、
人間パートを考えると随分とご都合主義な。という感じ。

というのはヘンリーは10代の頃に出会った初恋の彼女と一度は別れるのだが
ベイリーが転生して「また」取り持ったおかげで晴れて数十年後に
再会し、再婚してめでたしめでたしとなるのだ。
しかもその時は彼女の主人はすでに亡くなっているという状態。

まぁ細かいことはいいか。と思いつつ結婚パーティーの場面。
彼はスピーチで「美しい彼女が、僕の人生に戻ってきてくれました」と
言ったのだ。※ちょっとうろ覚えですが。。

は???

戻ってきたってなんだよ。。「あなた自身」が彼女を拒絶して別れたのに。

彼女は他の男と結婚し子どもをもうけ、今度は孫が生まれるのを心待ちに
しているような愛のある人なのに、まるでそれは本来の彼女の人生ではなく
彼のところに戻るのが正しいかのようだ。

孤独で寂しい人生を送ってきた彼が幸せになる手段が彼女だったとは。
数十年間の間、何してきたんだろう。。

映画『僕のワンダフル・ライフ』公式サイト