読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとやまの考えです。

映画や時事ネタ、日頃感じている色々。

※ネタバレあり!シャマラン監督のスプリット観た

まぁでも、ネタバレも何もラストに
何か大どんでん返しがあるわけじゃなく。
23人格のすべてが見られる訳じゃないから
24番目の人格と言われても。6人位で充分だったような。

 

ネタバレ1

エンドロールの字幕の数が24個。

 

ネタバレ2

シャマラン監督、今作でもちょい役で出演。

 

ネタバレ3

ラスト、ブルース・ウィリスが出てくる。

 

ネタバレ4

続編?決定。2019年?公開。

 

ネタバレあり「美女と野獣」最高、だがちょっと待って。

美女と野獣」良かった。大画面で本格的なミュージカルを観られて、
エマの歌声が聴けて。それだけで1,800円払う価値がある。
2時間たっぷりと、あのおとぎ話の世界を堪能できた。
観た後感想を検索していると絶賛が多いし、私ももう一度観に行きたい位
面白かった。その上で気になった点を。

■全編暗くてよく見えない
ラストに呪いが解けて、明るい煌びやかな城になる。
その素晴らしさをより引き立てるためになのか、
城のシーンはほぼ薄暗い。この暗さは以前観た
マーティン・スコセッシ監督の「沈黙ーサイレンスー」を思い出す。
テレビで流れた予告編の方が明るくて見やすいのには苦笑。
なんとももったいない。

■食べ物が出てこない、またはまずそう。
上に関連して、夕食会のミュージカルシーン。
アニメではとても楽しい。美味しそうなシーンなのに
実写版はなんだかよく見えない。
また、囚われていてお腹すいているベルが初めてごはんを
口にするのにお皿を下げたりするなど、召し上がれという
雰囲気ではない。

食べ物も、スープとパン位しかちゃんと形があるのが
分からなかったような。しかも照明のせいかあまり
美味しそうではない。

■ポット婦人とチップ、アニメの方が生き生きとしていた。
アニメのポット婦人は注ぎ口がちょうど鼻になっていて
身体はどっしりとして頼もしい感じで。
実写は、大人の事情なのか、技術的な面を考慮したのか
筆で描かれた顔が動くのみ。あんまり可愛くない。残念。

■時代背景がよく分からない
アニメでは呪われて結構な年月がたったと
思っていたけれど、実写版では数十年?
というのはラスト、家具にされていた人物が
人間に戻った時、その場に居た村の人が再会を喜んで
抱き合うシーンがあったからだ。せいぜい2、30年?
アニメ版をみると10年位だったようだ。
その間に皆城の事を忘れたのか。

■魔女出過ぎ
ラスト、野獣が死んでしまい、ベルが愛してると野獣に言う
大事なシーン。未亡人に化けていた魔女がいつのまにか
しゃしゃり出て呪いを解く。あれ別に魔女はいらないはず。
むしろやっと2人の気持ちが通じ合ったのに。

■そんなに悪いことした?
そもそも論。そんな呪いをかけられるほどひどいことした?
むしろ人種の分け隔てなく使用人を揃えたり。
野獣になってからなのか、その前からもそうなのか熱心な読書家っぽかったし。
あの時代の人間に珍しくベルの自立を邪魔しない理解ある性格。
一夜のあの過ちは野獣にされるほどの罪だったのだろうか。

純粋に面白かったで終われば良いのに。
大人になると色々疑問が出てくる。それもまた楽しい。

ネタバレ満載「パッセンジャー」よく分からない。

何かで「宇宙版タイタニック」とあったので、きっと男性が死んで
女性が生き残るのかと思いきやちょっと違った。
あと、キャッチコピーで「乗客5000人目的地まで120年90年早く
2人だけが目覚めた。理由は1つ。」と、その理由がなんとも気になったのだが・・・

大型宇宙船アヴァロン号は、第二の地球を目指して航行中。
到着が120年後になるので、乗客にはその間、人口冬眠してもらう。
順調に航行しているはずが、冬眠カプセルの故障で30年目に目覚めてしまった主人公。
再び冬眠しなおすこともできず、このままでは船内で寿命を終えてしまうことに
なってしまう。どうにかしようと奮闘するが何もできない。
唯一の話し相手は、アンドロイドのバーテンダー
自暴自棄となっていた頃に、冬眠中の乗客の一人に飛び切りの美女を見つける。
起こして話をしたい。冬眠カプセルのマニュアルは熟知しているから起こそうと
思えば起こせる。でもそれは彼女の人生を破壊することに他ならない。
葛藤の末、ついに目覚めさせてしまう。もちろん自分がやったとは言わず。

・・・・え!?

目覚めた彼女は最初は戸惑うも、あることがきっかけで主人公に好意を寄せる。
二人きりの楽園でラブラブ(死語)で過ごす。
しかし、主人公が起こしたことが一年目にばれて彼女は激怒!
X-MENで若き日のミスティークを演じていた女優さんだけに、怒りの演技は
激しい激しい。しかし惚れた弱みで殺せはしなかった。
そりゃそうだ散々愛し合った相手だし。


そうこうしているうちに船長の冬眠カプセルも壊れて起床。
なぜこんなに故障するのかと思ったらかなり前に衝突していた隕石の影響だった。
船長はあまり活躍せず病気で死亡。船の故障の原因を探り、なんとか直す。
ドタバタもあり仲直り。冬眠できる方法が分かったが、1人は操作し、
1人は残される。主人公は彼女をもう一度冬眠させようとするが
彼女はそれを拒否し最期まで一緒にいることを決める。
めでたしめでたし。

120年後、他の乗客が無事に目覚めると船内は緑で覆われていた。


ええと。

 

私はてっきり、何らかの重要な陰謀があって運命的に「同時に」目覚めた
男女が、それを探っていくうちに地球の秘密やらとかを知るのかと。
あと、他の寝ている乗客の顔を見て職業当てする描写で「助産師」が
いたから、そのうち子どもが出来てその人に取りあげてもらうのかと
思っていた。

今作の流れをシンプルに伝えると。


船に小さな隕石が衝突

冬眠カプセルの故障で主人公目覚める

美女を見つけ起こす

ラブラブ

激おこ

船長目覚める

船長死ぬ

船の故障直す

仲直り

二人で死ぬ

120年後、他の乗客目覚める

終わり


もし美女を起こしていなかったら?

船長目覚める

故障を探る

船直せない

船爆発する

5000人死亡


もし何もなく航行していたら?

皆120年後目覚める

美女とは出会えないが技術者としての
スキルを必要とされて仕事する

美女は一年間だけ滞在し再度地球へ戻る
つまり、240年後の未来の地球に戻る

ベストセラーでめでたしめでたし。

しかしだね、2人が最期まで一緒に過ごしたのなら
2人の子どもが沢山いてもおかしくないと思うのですが。
この映画なんなんだろう。

ファミレスで食事していたら左右とも離婚話してたんだけど。

先日ファミレスでごはん食べていたんですよ。
平日ランチだと639円(税抜)の。
安いし、取りあえずお腹にたまるしと、ぼっちで。
スマフォでゲームしながらパクパクしていた私の右は、30代~の女子会風、
左も女子会風。というか店全体が女子会グループの会みたいになっていた。
で、聞くともなしに会話が聞こえてきちゃうのね。
プライバシー、ダダ漏れな感じ?
右隣の会話は、今まさに離婚するための準備を着々と進めているケース。
いわく、旦那が不倫していると。ちゃんと興信所を雇って証拠も押さえたと。
100万円位するらしいね。調査費用。でもちゃんとプロの仕事していて感心したそう。これで慰謝料をとれると息巻いていた。
左は、すでに離婚済みの人と結婚したい人と既婚の人の3人グループ。
離婚というか夫婦生活がいかに理不尽かを離婚済みの人が語っていて
結婚したい人は若干引いていた。
とはいいつつ、下記をみると半分以上の人が結婚している。
少数派の自分は肩身が狭い。

www.garbagenews.net



ネタバレ注意「沈黙 -サイレンス-」を鑑賞。上映後に拍手が!

遠藤周作の「沈黙」は未読。でも観たい理由。

マーティン・スコセッシ監督作品で観ているのは、
ギャング・オブ・ニューヨーク」「ケープ・フィアー
ヒューゴの不思議な発明」 だけ。
この映画の原作本、 遠藤周作の「沈黙」も読んでいない。
※「海と毒薬」は読んだ
ではクリスチャンか?と言うとそうではない。 
そんな私がなぜ観たのかというと、日本人が描いたキリスト教弾圧の物語を、
外国の監督が映画にしたら、どのように料理されるのだろう。
という興味から。 外国人の描く日本・日本人って、やっぱりどこか
違和感がある。例えば、「ブレードランナー」「ウルヴァリン:SAMURAI
キル・ビル」などなど。それはそれで興味深いため、期待と不安を感じつつ
観に行ったが本作は、徹底的に江戸時代の日本や、日本独特の泥沼感を再現していて
違和感を覚える間もなく、物語に没頭できた。 

また、日本を代表する俳優たち (窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也
小松菜奈加瀬亮)が、スコセッシ監督のもと、どのように演じるかにも興味が
あった。皆素晴らしい演技だった。
この記事を見ると、浅野忠信はキチジローの役のオーディションも受けていたのか。
浅野忠信のキチジローも観てみたかった。
「沈黙」スコセッシが語る、窪塚洋介や浅野忠信ら日本人キャストは「私の家族のよう」 - 映画ナタリー

本編2時間41分。長いし重い。

長い・・・とにかく長いし重い。これから観に行く方は水分と飴を持参して、
長時間の鑑賞に備えてください。
乾燥しているから、マスクもあった方が良いです。あまりに長いので途中一瞬
睡魔に襲われたことも。 ただ、重いとは書きましたが、もちろんホッとするシーンも。
例えば、隠れキリシタンの村にたどり着き、神父が布教する場面は暗い中でも光を
感じられた。村の女性役の片桐はいりさんが、神父様に言葉が通じてないのに
お構いなしで話すシーンにはちょっと笑いも起こった。
余談ですが、シン・ ゴジラでもほっとするキャラを演じていたはいりさん。
彼女はどの映画でもぶれなくて好きw

私がもしあの時代、あの土地に生きていたらモキチみたいに信仰を貫き殉教することはできず、軟弱なキチジローのようになる。いや、そもそもキリスト教が気になっていても、それをおくびにも出さず生きていくタイプだと思う。
なんてことを鑑賞中には考える暇もなく。もうそれはそれは凄惨なシーンが多く。
特に奉行所で、隠れ切支丹達が踏み絵をしたあとに、加瀬亮が×××される描写は映画館内でも短く悲鳴が起こった程・・・ああああ思い出すだけでも。

不満といえばカイロ・レンじゃない、アダム・ドライバーパートが・・・。

物語の前半は、セバスチャン・ロドリゴ神父(アンドリュー・ガーフィールド)と
フランシス・ガルペ神父(アダム・ドライバー)が常に2人一緒に行動していたのですが、途中別行動を取ります。そしてある瞬間まで、ガルぺ神父の場面は無く。
私は「スターウォーズのフォースの覚醒」で彼を観てから好きなキャラだったため、
その点は不満ちょっと残念でした。が、もしもガルぺ神父パートも描いていたら
おそらく上映時間は5時間位かかったと思いますが。

上映後に拍手が起こった!

そんな重くて長い映画だったけれどエンドロールが流れ始めても席を立つ人が少なかった。皆で江戸時代にタイムスリップしてしまったように放心している感じだった。
そして拍手が起こりました。マイケルジャクソンの「THIS IS IT(2009年)」以来、上映終了後に拍手が起こった場に立ち会ったことがなく。それに立ち会えたのは良かった。会場が明るくなった後、「面白かったね」って言い合っているカップルがいたが
「面白い」の意味はひとぞれぞれだなと。 ぴあの出口調査で点数を 聞かれている人も「95点!いや~良かった」「私は80点」などという 声が聞こえてきた。
私の感想は、凄い映画を観てしまった。現時点では咀嚼しきれないな、です。

何より思ったのは、俳優・女優を生かすも殺すも監督次第!
本作はベテランの出演者はもちろん、小松奈々の演技がものすごく良かった!
言葉や文化の壁がある海外の監督がここまで演技者の魅力を出せるのかと驚きました。

chinmoku.jp